結婚式費用払えない ご祝儀であてるつもりが

結婚式費用が払えない!貯金ない、手元に現金が用意ができない場合どうしたら?
結婚式場に払うお金は、普通は前払いで、クレジットカード利用可の所もあればクレジットカード不可の所もあります。
クレジットカードが使えない場合には、結婚式でご祝儀をもらう前に支払いをしないといけないので、「結婚式の費用が払えない!」という事になります。

 

結婚式費用が払えない場合の、解決策、対処法としては

 

ブライダルローンを組んで、結婚式後のご祝儀で一括返済、残りのお金は分割返済

 

というやり方があります。

 

ただしブライダルローンは金利が比較的安いかわりに、所得などによっては審査が通りにくいという場合があります。

 

その場合は、いわゆるフリーローン、カードローンを利用することになります。

 

 

 

ブライダルローンの審査について

 

消費者金融でお金を借りた事がありますが、銀行のブライダルローンの審査は通るものでしょうか?
何しろ結婚式のお金が払えるのかどうか心配です。

 

個人信用情報機関に問い合わせて、信用情報がどのようになっているか、本人情報の開示請求を行って確認してください。年収などによっても変わるので、人それぞれになります。

 

 

結婚式のカード払いが30万円までしか使えない

 

結婚式の費用が合計250万円ほどだったのですが、先払いの式場で、カード払いが1回30万までしか使えませんでした。
定期を解約すれば、なんとか現金を用意できますが、少し貯蓄も残しておいた方が良いかもと思い、ブライダルローンで少し借りる事にしました。新婚生活で、貯金が全くのゼロになってしまうのは少々心細かったので…。

 

 

結婚式・披露宴の費用をご祝儀払いということだったのに前払いで半金必要と言われ

 

結婚式・披露宴をあげるため、ウェディングプランを練っていましたが、最初はご祝儀をもらってからの後払いで良いということでしたが、実際は、1ヶ月前には前金で半分支払いが必要といわれ困りました。

 

結局、現金を用意できないため、ブライダルローンで借入れし、前金を支払い、結婚式後、ご祝儀で一括返済しました。

 

結婚式の費用はご祝儀をもらった後に後払いできる式場ならば大丈夫ですが、前払い以外不可という式場もあります。

 

もしも結婚式を挙げる予定の式場が後払い不可の場合には、式場と提携しているブライダルローンの情報など、パンフレット等があると思いますので、費用が心配であるなら、チェックしてみましょう。

 

また、結婚式の予約をする場合にも、内金として10万円~など支払う必要がありますが、とっさの現金は必要になります。