お金がないから結婚式ができない…悲しいと悩んでいませんか?
結婚式は一度のことですから、できれば結婚式をしたいと思いますよね。

 

でも、実際問題お金がないと結婚式できない…

 

結婚式の平均費用は約350万円
そして申し込み時と比べての追加費用は+100万円

 

と言われています。

 

お金がないけど親に援助してもらえる人ならそれでいいですが、親もお金がない場合、頼れない人だって多くいます。

 

結婚式の費用は通常前払いですが、ブライダルローンやクレジット払いなどでお金を工面する人もいます。
また、ゼロ婚といって自己負担0円で挙げる格安結婚式プランなんていうのもありますね。

 

結婚式はやりたいけどケチケチした結婚式はやりたくない…なんて人もいますし。
友人の結婚式でご祝儀あげてきたのに、自分の結婚式はないってなんか納得いかない

 

という思いもあったりするでしょう。

 

 

ブライダルローンとは?

 

ブライダルローンとは、結婚する際の諸費用、挙式、披露宴、結婚指輪、新婚旅行、新婚生活のための準備金など、使用用途が結婚資金に限定されて、低い金利で借り入れできるものです。

 

通常、ローンというと、特に何に利用するかは問われない、銀行系カードローンや消費者金融のカードローンなどがありますが、ブライダルローンは結婚にかかる費用限定となります。

 

ブライダルローンの特徴

 

ブライダルローンのメリットとしては、通常のローンと比べると金利が低い場合が多いです。結婚式場と提携しているブライダルローンもあります。借入金額を自分で設定できるというものがあります。

 

逆にデメリットとしては、借入金額や所得などによっては審査が通りにくい場合があります。

 

 

 

式場の支払いが前払、クレジットカードの不可なのでブライダルローンを利用した

 

結婚式を挙げる予定で、見積もりでは300万程度でした。ゲスト人数は80人です。
自己資金がありますので、ご祝儀と合わせれば、結婚式の費用はまかなえるのですが、結婚式場が前払いで、クレジットカードの利用は不可となっておりますので、現金を前払いで用意しなければいけませんでした。

 

手持ちのお金では00万円の現金を用意できないため、ブライダルローンで借入れして、ご祝儀をもらった後に一括返済しようと思い、ブライダルローンを利用しました。

 

彼に貯金がなく銀行のブライダルローンで借入れ

 

結婚式をあげるにあたり、彼の貯金はほとんどなかったため、銀行の結婚式費用立て替えプランを組みました。

 

新生活の資金は、家を購入し、家の頭金や住宅ローンなどで貯金がなくなってしまいました。

 

 

結婚式を諦められない場合は、色々手を尽くしてなんとかあげたいですよね。
ウェディングドレスを着たかったなぁとあとで後悔しても遅いですし。

 

しかし、結婚費用はだいぶかかりますので、親からの援助がない場合には、貯金がほとんどなくなったという人もいます。

 

できるだけ自分の満足のいく挙式で、費用は抑えつつ、後悔しないための結婚式をあげられるといいですね。